決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切

宗教ですが、決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切です。
霊園や墓地によっては、宗教に制限のある場合があり、また一般的に、寺院墓地はお寺の檀家のための墓地となっていますので、檀家になることが前提のケースが多いのです。

 

予算の上限を予め決めておくことは非常に大切なので、しっかりと確認をしておきましょう。
ですので、まずは「これ以上は出すことが出来ない」という支払いの上限を決めておくことが大切です。
霊園が位置している希望の地域の目安をまずは決め、大体どこの地域にお墓を求めたいのかを考えておきましょう。
「遠くても○○くらいの距離まで」というアバウトな考え方で良いかと思います。 霊園には大きく分けて3つの種類があり、その中でも最も安価で購入することが出来るのが公営の霊園となります。
ただし価格が安い分、多くの応募者がいることからなかなか手に入れることが難しくなっているのが現状です。



決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切ブログ:21年07月24日

減量は、
体重が減ればいいというものではありませんが、
やっぱり気になりますよね。

体重は体質全体の重さを表す数字なので、
正確に、やせたか太ったかの判断はできないですが、
目安として把握しておくことは大事!

「怖くて体重計に乗れない!」と思い始めたら…
すでに太っている証拠。

その後もずっと体重計に乗らなければ、
自分が太ってしまっていることを把握できないため、
脂肪の増加は、簡単には止められないのです。

そうならないためにも、
体重計には、定期的に乗ることが大事なんですね。

とはいえ、1日に何度も体重計に乗る必要はありません。

減量中って、
1日に何度も体重に乗りたくなったりしませんか?

でも、それはダメ!
かえってストレスをためることもありますよ。

1日1回「同じ時間、同じ服装、同じ体重計」でチェックしましょう。
例えば…
「8時起きてトイレに行った後」
「24時お風呂に入った後」
などがおすすめです。

減量における重要なチェックポイントは、
「体脂肪率」です。

皆さんも知ってると思いますが、
「肥満=体重全体の重さのうち、脂肪の重さの割合が多い状態」なので、
太っているかやせているかを正確に判断するためには、
「体脂肪率」を計ることが重要なのです。

ちなみに、女性の場合、20〜25%の体脂肪率であれば、適正な範囲です。
これよりも多ければ、やはり減量が必要でしょう。

ただし、体脂肪率は体重とは違って、
連日測っても、あまり意味がありません。
一週間に1回、または14日間に1回くらいのペースで、
増えているか、減っているかをチェックするのがいいようです。

―地球滅亡まであと427日―