決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切

宗教ですが、決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切です。
霊園や墓地によっては、宗教に制限のある場合があり、また一般的に、寺院墓地はお寺の檀家のための墓地となっていますので、檀家になることが前提のケースが多いのです。

 

予算の上限を予め決めておくことは非常に大切なので、しっかりと確認をしておきましょう。
ですので、まずは「これ以上は出すことが出来ない」という支払いの上限を決めておくことが大切です。
霊園が位置している希望の地域の目安をまずは決め、大体どこの地域にお墓を求めたいのかを考えておきましょう。
「遠くても○○くらいの距離まで」というアバウトな考え方で良いかと思います。 霊園には大きく分けて3つの種類があり、その中でも最も安価で購入することが出来るのが公営の霊園となります。
ただし価格が安い分、多くの応募者がいることからなかなか手に入れることが難しくなっているのが現状です。



決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切ブログ:21年08月07日

我が家の男の子が生まれてすぐのことです。

産後、数日がたち、退院が近づいてきた日、
院長先生から、男の子に黄疸が強く出ているので
退院できないと伝えられました。

先生曰わく、
黄疸はどの赤ちゃんでも出るものですが、
それが、強くなると脳の神経に影響して
心身障害を起こすこともあるので…

僕たちの男の子だけ居残りで、
入院して治療しましょう!ということになりました。

目隠しのテープを貼られて、
治療器の中に入れられる男の子を見て、
「かわいそう…」
そう思いながら、男の子を残して僕たちは家路につきました。

それから数日間は、
二時間おきのペースで、病院から
「赤ちゃんが今起きましたので、母乳をあげにきてください」の電話が入り、
その連絡にあわせて嫁は、
タクシーに乗って病院に授乳しにいくという生活でした。

産後で体力が弱っていた嫁は
さぞ大変だったろうと思います。

初めてのお子さんということもあって、
僕も、嫁も、少し不安になることもありました。
「治るよね?」
不安を消すように、そんな言葉が何度かでたように思います。

そんな経緯があった僕たちの男の子ですが、
今はおかげさまで健康に育っております。

生まれたばかりの時、
健康ということに不安があった経験をした分、
今、元気な男の子を見ると嬉しく思います。

赤ちゃんですので、
ウエストが空いたり、お漏らしをすると泣きます。

それが夜中の2時であろうと、3時であろうと、
父親のあしたが早起きだろうがなかろうが、
父母の都合には関係無しに、不快になると大きな声で泣きます。

でも、
健康的な反応である泣き声が
とても嬉しいのです。