都心の便利なエリアに位置している公営墓地

各都道府県、また市町村など自治体が管理や運営を受けている霊園のことを公営墓地といいます。
お墓を建てるには、そのお墓を使用する権利を取得する永代使用料が必要となってきますが、公営墓地の場合、民営の墓地と比較をして、永代使用料や年間管理費が安くなっているのが特徴です。

 

都心で非常に便利なエリアにある公営墓地というのは非常に人気が高くなっており、何年経過をしたとしても入手することの出来ない人が多数いらっしゃいます。
募集時期や応募資格、そして応募方法等に関しましては、各自治体の霊園課などにお問い合わせしましょう。
公営墓地というのは自治体によりまして募集方法は多少異なってはいますが、新聞などで年一回公募されることによって抽選により入手者が決定されることとなります。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。 これから霊園探しをしようと思って適当に立地条件だけで選んでしまってはいけません。
どんなに通いやすい場所に霊園があるからと言って管理が悪いような霊園では意味が無いのです。



都心の便利なエリアに位置している公営墓地ブログ:21年11月22日

俺は大学三年の冬妊娠し、結婚。
そして大学四年で元気な女の子を出産し、
大学も卒業させてもらった…

どう考えても自分勝手だとわかっているが、
そんな俺を家族は応援し、支えてくれた。

妊婦のころは毎日…
お腹の赤ちゃん早く出てこないかな。
早く会いたいなぁ。
名前は何にしようか?
…とワクワクして、
気が付くとなんだか顔がにやけていることが度々あった。

その反面
出産に対する少しの恐怖と不安もあった。
そんな時の良き相談者はママだった。

弱気になっているといつも、
「みんな産んでるんだからどうにかなる!」
そう明るく言って俺を励ましてくれた。

親父といもうとは仕事から帰ると
ポコポコ動くお腹を触り、話しかけていた。

主人は出産にも立ち会いたいと言ってくれて
母親学級にも全て一緒に参加してくれた。

また、毎回妊婦検診から帰ると
家族みんなで検診のときに撮るエコーの
ビデオ鑑賞会が始まった。

何回も巻き戻しては
「これがあしだ!これがうでだ!」などと言いながら
お腹の中にいる赤ちゃんを見ていた。

このような光景を見る度、俺は
「みんなが心待ちにしているよ。たくさん愛されるよ。
かわいがってくれるよ。だから元気に出ておいでね。待ってるから…」
とお腹を優しく撫でながら話しかけていた。

親父やママも俺がお腹にいるとき
こんな感じだったのだろうか?…
たまにそんなことを考えたりもした。

予定日から一週間が過ぎた日の夜中、
破水し、待ちに待った陣痛がきた。

「やっと会える!」

長い陣痛の間…
ママはこんなに苦しい陣痛を耐えて俺を産んだのか…
と何度も考えた。