多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある

現在におきましては多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあります。
この指定石材店制とは、霊園にお墓を建てる場合に、指定されている石材店でお墓を建てるという規約のことを言います。

 

後々自分で数社ある指定石材店の中から、気に入った石材店を選ぶことが出来るワケではありません。
霊園を訪れた瞬間に、担当をしている石材店が自動的に振り分けられてしまうのが一般的となっています。
指定石材店制を実施している霊園では注意をしなければいけないことがあります。
多くの霊園では、特定の石材店の広告を持参したり、指定をしたりしない限りは、自動的に石材店を振り分けられてしまう決まりになっています。 これから霊園探しをしようと考えているのでしたら、とにかくまずは霊園の基礎的知識を頭に入れておきましょう。
何の知識を持たないまま霊園探しをしてしまいますと、思わぬトラブルを招いてしまうこととなります。



多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあるブログ:21年05月10日

ボクには
リウマチを二十才で発病した叔母がいる。

その叔母は父の妹で、
ボクの記憶にある初対面の印象は、
父が手を貸しながら車から降り、大きな瞳を細くし、
ゆっくりとおだやかに話す、キレイなお姉さんだった。

幼いボクにとって、
キラキラした瞳で誰にでも優しく接する叔母は、
「見て見て、ボクのおばさんだよ」と
自慢してまわりたい素敵な存在だった。

だが、歩いて外出することは少なかった。
今思えば痛みのことなど理解できるのだが、
五才くらいのボクにとっては「外に行くのが嫌いなんだ」と思い、
一緒にショッピングに行ったり、遊びに行って欲しかったが
あまり積極的には誘わなかった。

小学生になり、
ボクは学校の事などを叔母に語った。
ボクのたわいもない話に、
叔母は面倒臭そうな顔一つせず、逆に何十分も話の相手をしてくれた。

そんな叔母が大好きで、
一緒に外出したいと強く感じた時、
ボクは質問した。
「どうして外に行かないの?一緒にショッピングに行きたいな!」

すると、叔母は
「あしが痛くてね、長い時間立っていられないんだ、ごめんね…」
と言った。

ボクは「ごめんね」と言った叔母に
「しまった、悲しい気持ちにさせてしまった」と感じ、
さみしそうな表情をしていないかと思いながら、
叔母の顔をのぞくと…

叔母はいつものニコニコ顔で、話を続け、
「ボクのこの痛みはね、他の人が痛い思いをしないように、
神様がボクだけにくれた痛みなんだよ。
あんたやあんたのおとうとや妹が
元気で痛い思いをしないで済むと思うと、
この痛みへっちゃらなんだよ。
だからあんたはボクの分まで元気でいてね!」
と言った。

今から10年以上も前のやりとりだが、
ボクにはこの言葉が胸に刻まれている。